座談会「反復と再制作」を開催しました

4月15日(土)、「尾道市立大学美術学科教員展−ひらかれた扉 Open Door−」関連イベントと
しまして、座談会を開催しました。
本学美術学科の油画・日本画・デザインコースの教員5名と司会進行として1名の教員を迎え、
各々の専門領域の視点や自身の経験から、「反復と再制作」というテーマについて話していただき
ました。
作家やデザイナーにとって、作品を繰り返し、やり直し制作すること=反復することは技術の修得や表現をより追求することに繋がります。そして自身の作品や自己イメージの展開といった創作の本質に関わる、ということが今回の座談会でのお話でした。





座談会中は、お話をされている先生の言葉のメモを取ったり、1人の発言から話が膨らんだりと、
和気あいあいとした雰囲気の中、進んでいきました。
ご参加いただいた来館者の方からの質問も交えながら、和やかな空気の中、終了しました。







各コースの垣根を越えてフランクに意見交換できる環境があるというのは、本学の魅力の一つであると思います。
先生方、ご来場くださった皆様ありがとうございました。大学美術館の今後の展覧会・イベントにもご期待ください!
本展は5月7日まで、ゴールデンウィーク中も祝日開館しております、ぜひお越しください!




〈 現在開催中 
尾道市立大学美術学科教員展
     −ひらかれた扉 0pen Door

2017年 3月24日(金)〜 5月7日(日)
開館時間 10:00 - 18:00
休館日:水・木曜日 ※祝日開館、特別開館4月5日(水)
入館無料
【同時開催】尾道市立大学サテライトスタジオ

日本画・油画・デザインの各コースから15名の教員による作品を展示します。

【会期中イベント】(全て終了しました)
・ギャラリートーク 4月5日(水)14:00〜 当館展示室にて
出展作家が作品を前に自作について語ります。

・座談会「反復と再制作」 4月15日(土)14:00〜 当館展示室にて
作家やデザイナーにとって、繰り返しや、やり直しを含む広い意味での「反復」は、
技術の習得、課題や表現の追求、そして自作や自己イメージの展開といった創作の
本質にかかわる重要な問題です。この「反復」という切り口から、出展作家数名が、
座談会形式でそれぞれの芸術観について議論します。



座談会開催のお知らせ

桜の花びらが舞い、色とりどりの花が咲き、尾道にも色彩鮮やかな春がやってきています。
そんなお出かけ日和の中当館では、開催中の「尾道市立大学美術学科教員展—ひらかれた扉 Open Door—」 関連イベントとしまして、座談会を開催いたします。
出展作家から5名、また司会進行として1名の教員に登壇いただき、「反復と再制作」というテーマを設け、お話しいただきます。制作について、先生方それぞれの想いや考えを聞くことができる貴重な機会です。お話を聞くと、展示されている作品やこれから出会う作品も、また違った見え方が出来るかもしれません。
新しい季節の始まりに、ぜひご参加いただけたらと思います。

<概要>
座談会「反復と再制作」 4月15日(土)14:00〜 当館展示室にて

作家やデザイナーにとって、繰り返しや、やり直しを含む広い意味での「反復」は、技術の習得、課題や表現の追求、そして自作や自己イメージの展開といった創作の本質にかかわる重要な問題です。この「反復」という切り口から、出展作家数名が、座談会形式でそれぞれの芸術観について議論します。

登壇者(予定)中村 譲/日本画コース/教授
矢野 哲也/油画コース/教授
野崎 眞澄/デザインコース/教授
小野 環/油画コース/准教授
黒田 教裕/デザインコース/講師
西嶋 亜美/西洋美術史/講師





〈 現在開催中 
尾道市立大学美術学科教員展
     −ひらかれた扉 0pen Door

2017年 3月24日(金)〜 5月7日(日)
開館時間 10:00 - 18:00
休館日:水・木曜日 ※祝日開館、特別開館4月5日(水)
入館無料
【同時開催】尾道市立大学サテライトスタジオ

日本画・油画・デザインの各コースから15名の教員による作品を展示します。

【会期中イベント】
・ギャラリートーク 4月5日(水)14:00〜 当館展示室にて
出展作家が作品を前に自作について語ります。

・座談会「反復と再制作」 4月15日(土)14:00〜 当館展示室にて
作家やデザイナーにとって、繰り返しや、やり直しを含む広い意味での「反復」は、
技術の習得、課題や表現の追求、そして自作や自己イメージの展開といった創作の
本質にかかわる重要な問題です。この「反復」という切り口から、出展作家数名が、
座談会形式でそれぞれの芸術観について議論します。




教員展 ギャラリートーク

只今開催中の「尾道市立大学美術学科教員展−開かれた扉 Open Door—」関連イベント、
出展作家によるギャラリートークが4月5日に行われました。
当日は尾道市立大学の入学式ということもあり、スーツ姿の新入生の皆さんも来てくれていました。平日開催でしたが多くの皆さまにご参加いただき、会場がいっぱいになりました。




出展作家教員から12名がそれぞれ作品の前に立ち、質疑応答合わせて1人5分という持ち時間の中、
作品タイトルについて、表現している場所・対象の説明、使用している画材や制作手順のことなど、興味深いお話をたくさん聞くことができました。
さすが教員の皆さま、わかりやすく丁寧に解説され、和やかな良い時間を出展者や参加者の皆さまと過ごすことができました。どうもありがとうございました。




教員展会期中には、もうひとつイベント予定しております。
4月15日(土)14時より、座談会「反復と再制作」を開催いたします。
こちらは出展作家より数名が、座談会形式でそれぞれの芸術観について議論します。
ギャラリートークから、また一歩踏み込んだお話を聞けると思います。お楽しみに!





〈 現在開催中 
尾道市立大学美術学科教員展
     −ひらかれた扉 0pen Door

2017年 3月24日(金)〜 5月7日(日)
開館時間 10:00 - 18:00
休館日:水・木曜日 ※祝日開館、特別開館4月5日(水)
入館無料
【同時開催】尾道市立大学サテライトスタジオ

日本画・油画・デザインの各コースから15名の教員による作品を展示します。

【会期中イベント】
・ギャラリートーク 4月5日(水)14:00〜 当館展示室にて
出展作家が作品を前に自作について語ります。

・座談会「反復と再制作」 4月15日(土)14:00〜 当館展示室にて
作家やデザイナーにとって、繰り返しや、やり直しを含む広い意味での「反復」は、
技術の習得、課題や表現の追求、そして自作や自己イメージの展開といった創作の
本質にかかわる重要な問題です。この「反復」という切り口から、出展作家数名が、
座談会形式でそれぞれの芸術観について議論します。



ギャラリートーク開催のお知らせ

昨日は冬かと思うような寒さで、尾道市立大学へ行った時にはぼた雪が降り、驚きました。
新年度を迎える本日はよいお天気で、桜の開花も待ち遠しいです。

待ち遠しいと言えば、只今開催中の「尾道市立大学美術学科教員展—ひらかれた扉 Open Door—」では、出展作家によるギャラリートークが4月5日(水)に開催されます。当館にて出展作家が作品を前に、自作について語ります。
当日は尾道市立大学の入学式も行われますので、混雑が予想されます。当館駐車場限りがございます、お気をつけください。多くの皆さまのご来館お待ちしております。





4月5日は水曜日ですが特別開館とし、10時より開館しております。同時開催のサテライトスタジオも開館しておりますので、合わせてよろしくお願いいたします。





〈 現在開催中 
尾道市立大学美術学科教員展
     −ひらかれた扉 0pen Door

2017年 3月24日(金)〜 5月7日(日)
開館時間 10:00 - 18:00
休館日:水・木曜日 ※祝日開館、特別開館4月5日(水)
入館無料
【同時開催】尾道市立大学サテライトスタジオ

日本画・油画・デザインの各コースから15名の教員による作品を展示します。

【会期中イベント】
・ギャラリートーク 4月5日(水)14:00〜 当館展示室にて
出展作家が作品を前に自作について語ります。

・座談会「反復と再制作」 4月15日(土)14:00〜 当館展示室にて
作家やデザイナーにとって、繰り返しや、やり直しを含む広い意味での「反復」は、
技術の習得、課題や表現の追求、そして自作や自己イメージの展開といった創作の
本質にかかわる重要な問題です。この「反復」という切り口から、出展作家数名が、
座談会形式でそれぞれの芸術観について議論します。