「第7回 高校生絵のまち尾道四季展」開催のお知らせ


本日より開催しております!

第7回 高校生絵のまち尾道四季展



2013年 12月 23日(月・祝)〜 20141月 13日(月・祝)

開館時間 10:00 - 18:00 
入館料  無料 
休館日  会期中 年末年始のみ(2013年12月29日〜2014年1月3日)
他会場  しまなみ交流館1階市民ギャラリー(尾道市東御所10−1)/入選作品
     ギャラリー都(土堂二丁目4-10)/入選作品
     工房尾道帆布「Space 帆」(土堂二丁目1-16)/入選作品

絵のまち尾道四季展の優秀作品の数々が、当館にて展示されます。
高校生の瑞々しい感性で描かれた尾道をご覧ください。

当館では、尾道賞・秀作 作品を展示しております。


【 常設展示室 】小林 和作 作品

※ 展覧会初日(23日)は、13時〜15時頃まで表彰式の予定です。
混雑が予想されます。ご注意ください。

次回展覧会のお知らせ



「児玉康兵 退任記念展 ー陰・陽ー」にご来館くださった皆様、どうもありがとうございました。




只今、当館は展示入替えの為、休館中でございます。


<次回展覧会>

第7回 高校生絵のまち尾道四季展


2013年 12月 23日(月・祝)〜 20141月 13日(月・祝)

開館時間 10:00 - 18:00 
入館料  無料 
休館日  会期中 年末年始のみ(2013年12月29日〜2014年1月3日)


絵のまち尾道四季展の優秀作品の数々が、当館にて展示されます。
高校生の瑞々しい感性で描かれた尾道をご覧ください。


【 常設展示室 】小林 和作 作品

※ 展覧会初日(23日)は、13時より授賞式の予定です。
混雑が予想されます。ご注意ください。

12月14日 アーティスト・トーク


この日、会期中第2回目となるアーティスト・トークを行いました。今回は展覧会タイトルの「陰・陽」にも深く関係する、陰陽思想についてのお話がメインテーマです。

児玉先生は、古代中国の都城計画の元になっている「陰陽五行説」から着想を得て、自身の美術作家・環境造形家としての創作活動に活かしています。





古代日本の都の造営も中国から伝わった、この陰陽五行説に基づいているというのが、児玉先生の持論です。

大阪府高槻市にある古墳から、中国・魏の時代に鋳造され日本に伝わったことを裏付ける「銅鏡(卑弥呼による使者が持ち帰った100枚のうちの1枚)」が出土したこと。そして銅鏡には方角(北を意味する玄武、南を意味する朱雀など)や、時や方位(十二支:子、丑、寅、卯など)が描かれ、これが日本でいえば藤原京・平城京・平安京といった宮都造営計画の基本思想となっている…。

壮大な歴史のお話が続きました。




大阪府高槻市の安満宮山(あまみややま)古墳より出土の、
銅鏡レプリカを会場で手に取って見ていただきました。




陰陽思想から着想を得て、実際に制作した作品のマケット(模型)を解説する児玉教授。






児玉先生の説によると、ここ尾道や、同じく県内の厳島神社のある宮島など、古代陰陽思想に基づき都市計画された場所が各地にあるということで、これからの検証・研究が待たれるところです。
トーク後半では、先生が京都市立芸術大学に進学し彫刻を学ぼうと思ったいきさつや、大学卒業後、建築の世界へどのように進むことになったかなどにまで及びました。

全2回でお送りした、アーティスト・トーク。長年にわたって創作活動を継続されてきた児玉先生ならではの、実感のこもった言葉の数々を聴くことのできる貴重な機会となりました。足を運んでくださった皆様、どうもありがとうございました!

※陰陽思想を取り入れた児玉先生の空間造形論については、2013年度内刊行予定の著書『石工のこころ見聞記』でも詳しく紹介されると思います。
興味のある方は是非ご覧ください。



12月8日 アーティスト・トーク


先日の日曜日、展覧会会期中第1回目のアーティスト・トークを行いました。




今回は、彫刻家・児玉康兵の視点から、ご自身の経歴と絡めて展示作品を解説していただきました。





児玉教授。
作品と、それにまつわるエピソードを時に笑いを交えながら、解説してくださいました。




先生が学ばれた、京都市立芸術大学のある京都の街の気風のこと。大学卒業後に働いていた建築事務所が、倉敷の美観地区の整備計画に関わっていたこと。その後、イタリア・ミラノで彫刻を学びながら、ヨーロッパの街並や環境を研究したこと…。
「街」や「景観」といった事柄が、作品づくりに関係しているところが印象的でした。





このブログのヘッダ部分や、展覧会看板、ポスター、フライヤーにも使われている「波塔」。
会場にはそのミニチュアが展示され、愛知県知多市の公園内に設置された実物については、展示パネルと先生による解説がなされました。
太陽の動き(光のあたり方)や、設置される周囲の環境について計算された作品群は、古代中国の環境哲学、陰陽思想などに基づいて設計されているとのことです。

次回のトーク(12月14日<土曜日>)は、環境造形作家・児玉康兵の視点から、展覧会タイトル「陰・陽」に関係する、陰陽思想についてお話する予定です。
作品そのものはもちろん、作品の置かれる環境・方角・季節ごとの太陽光線の向きなど、より深いお話を聴くことのできる機会となります。
歴史などに興味のある方は、一層お楽しみ頂けると思います。お時間ある方は是非ご来館ください!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


児玉康兵 退任記念展 -陰・陽-



2013年 11月 23日(土・祝)〜 12月 15日(日)

開館時間 10:00 - 18:00 
入館料  無料 
休館日  火・水曜日(祝日開館)


本学美術学科教授(デザインコース)を退任する、彫刻家・児玉康兵の記念展となります。


◎アーティスト・トーク
  12月14日(土) 14時〜15時半
 ※両日ともに 参加費無料・予約不要






< 展覧会イベント日程変更のお知らせ >



【 アーティスト・トーク日程変更のお知らせ 】



現在当館で開催中の「児玉 康兵 退任記念展 ー陰・陽ー」において、12月1日(日)14時から予定されておりましたアーティスト・トークは諸事情により、12月14日(土)14時〜と変更させていただきます。

当日間際の告知となってしまい、誠に申し訳ございません。
遠方よりご来館を予定されているお客様、どうぞご注意くださいませ。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

児玉康兵 退任記念展 -陰・陽-


2013年 11月 23日(土・祝)〜 12月 15日(日)

開館時間 10:00 - 18:00 
入館料  無料 
休館日  火・水曜日(祝日開館)


本学美術学科教授(デザインコース)を退任する、彫刻家・児玉康兵の記念展となります。


◎アーティスト・トーク
  12月8日(日)、12月14日(土) 14時〜15時半
 ※両日ともに 参加費無料・予約不要




「児玉康兵 退任記念展 -陰・陽-」開催のお知らせ


本日より開催しております!

児玉康兵 退任記念展 -陰・陽-




2013年 11月 23日(土・祝)〜 12月 15日(日)

開館時間 10:00 - 18:00 
入館料  無料 
休館日  火・水曜日(祝日開館)


本学美術学科教授(デザインコース)を退任する、彫刻家・児玉康兵の記念展となります。


◎アーティスト・トーク
  12月8日(日)、12月14日(土) 14時〜15時半
 ※両日ともに 参加費無料・予約不要


皆様のご来館をお待ちしております。






次回展覧会のお知らせ


「尾道市立大学デザイン作品展2013」にご来館くださった皆様、どうもありがとうございました。

只今、当館は展示入替えの為、休館中でございます。

<次回展覧会>

児玉康兵 退任記念展 -陰・陽-




2013年 11月 23日(土・祝)〜 12月 15日(日)

開館時間 10:00 - 18:00 
入館料  無料 
休館日  火・水曜日(祝日開館)


本学美術学科教授(デザインコース)を今年度で退任する、彫刻家・児玉康兵の記念展となります。


◎アーティスト・トーク
  12月8日(日)、12月14日(土) 14時〜15時半
 ※両日ともに 参加費無料・予約不要


皆様のご来館をお待ちしております。

デザイン作品展「和綴じ製本ワークショップ」



11月16日(土曜日)、「尾道市立大学デザイン作品展2013」後半のイベント、和綴じ製本ワークショップを行いました。

ほぼ満員御礼で始まった今回のワークショップ、講師は現在本学大学院デザイン研究分野1年生の喜來詩織(きらい・しおり)さんです。
彼女は大学院で、書籍や雑誌等をデザインするエディトリアルデザインという分野を研究しています。




喜來さんによる、ワークショップの導入。



あらかじめ参加者の方には、製本材料(本の表紙となる紙、中身の紙など)が配られています。
表紙をめくった次のページにあたる部分の「あそび紙」となる紙や、綴じるための刺繍糸は、参加者の方のお好みで選んでいただきました。




綴じ方見本を傍らに置いて、思い思いの製本にチャレンジです。


実際に製本する前に、表紙や本文部分に木づちとキリで穴を開けて…


それが済んだら、刺繍糸を使っての針の運び方の説明です。


挑戦する綴じ方によって、難易度が違うので製本し終える時間はまちまちでしたが、皆さん楽しんでいただけたようでした。
終了後には、講師の喜來さんお手製のノベルティグッズ(封筒や栞など)が配られました。
ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!





尾道市立大学デザイン作品展2013


2013年 11月 2日(土)〜 11月 17日(日)

開館時間 10:00 - 18:00 
入館料  無料 
休館日  火・水曜日(祝日開館)
※同時開催 小林和作 作品(常設展示室)

地域との連携から生まれた様々なアイデアとデザインをご覧下さい。


11月7日 メディア取材



現在開催中の「尾道市立大学デザイン作品展2013」を、各メディア(尾道ケーブルテレビ、中国新聞)に取り上げていただいております。

学生の視点から、新たに「尾道」という街を捉えたデザイン提案や、同じく県内・西条で第3回目を迎えた「ART in 酒蔵」での成果物をご紹介しております。

グラフィック(ポスター、書籍、ノベルティ、サイン計画)・環境デザイン・映像など、バラエティ豊かなデザイン物を展示して、皆様のご来館をお待ちしております。




尾道ケーブルテレビさんの取材の様子。





尾道市立大学デザイン作品展2013


2013年 11月 2日(土)〜 11月 17日(日)

開館時間 10:00 - 18:00 
入館料  無料 
休館日  火・水曜日(祝日開館)
※同時開催 小林和作 作品(常設展示室)

地域との連携から生まれた様々なアイデアとデザインをご覧下さい。



◎製本ワークショップ
 和綴じ冊子を制作します。
  11月16日(土) 14時〜 <要予約>
 材料費800円/定員20名(中学生以上対象)


デザイン作品展2013 開催

本日より開催しております!

尾道市立大学デザイン作品展2013







2013年 11月 2日(土)〜 11月 17日(日)

開館時間 10:00 - 18:00 
入館料  無料 
休館日  火・水曜日(祝日開館)
※同時開催 小林和作 作品(常設展示室)


地域との連携から生まれた様々なアイデアとデザインをご覧下さい。








◎学生によるギャラリー・トーク
  本日、11月2日(土) 14時〜


◎製本ワークショップ
 和綴じ冊子を制作します。
  11月16日(土) 14時〜 <要予約>
 材料費800円/定員20名(中学生以上対象)

次回展覧会のお知らせ

展覧会「野崎眞澄×石川康彦 二人展 〜交叉するくわだて〜」にお越しくださいました皆様、どうもありがとうございました。





只今、当館は展示入替の為、休館中でございます。

<次回展覧会予告>
尾道市立大学デザイン作品展2013


2013年 11月 2日(土)〜 11月 17日(日)

開館時間 10:00 - 18:00 
入館料  無料 
休館日  火・水曜日(祝日開館)

地域との連携から生まれた様々なアイデアとデザインをご覧下さい。


◎学生によるギャラリー・トーク
  11月2日(土) 14時〜


◎製本ワークショップ
 和綴じ冊子を制作します。
  11月16日(土) 14時〜 <要予約>
 材料費800円/定員20名(中学生以上対象)

展覧会記事のお知らせ

10月17日(木)の毎日新聞<朝刊・備後欄>にて、現在開催中の展覧会をご紹介いただきました。




その他新聞・テレビにも取りあげられ、通常よりも多く一般の方々にご来館いただいているように感じます。
いよいよ会期も後半に差しかかりました。中・四国地方では、なかなか観る事の出来ないプロのデザイナー、イラストレーターの仕事となりますので、この機会にどうぞご覧下さい!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


野崎眞澄 × 石川康彦  二人展
〜 交叉するくわだて 〜


2013年 10月 5日(土)〜 10月 27日(日)

開館時間 10:00 - 18:00 
入館料  無料 
休館日  火・水曜日(祝日開館)

本学デザインコース教授の野崎眞澄とデザイナー石川康彦の2人展。
仕事上の共同作業作品や、「木」をモチーフにした個々の作品を紹介します。

10月5日 アーティスト・トーク


展覧会初日のイベント、アーティスト・トークを行いました。
本学美術学科各コースの学生、教員が大勢かけつけました。

ちょっぴりシャイなお二人に、優しげな口調で語って頂きました。
二人の出会いから、それぞれがデザイナー、イラストレーターとして共に仕事を取り組んだ時期のこと、それぞれが大事にしている道具選び、素材・ものづくりにあたって心にとどめておく事…
話は多岐にわたり、ゆるやかにトークの時間が過ぎました。


左側が石川康彦さん、右側が野崎眞澄さん。



トーク終了後、熱心に作品に見入る学生の姿が見かけられました。





石川さん、野崎さん興味深いお話をありがとうございました!






野崎眞澄 × 石川康彦  二人展
〜 交叉するくわだて 〜

2013年 10月 5日(土)〜 10月 27日(日)

開館時間 10:00 - 18:00 
入館料  無料 
休館日  火・水曜日(祝日開館)

本学デザインコース教授の野崎眞澄とデザイナー石川康彦の2人展。
仕事上の共同作業作品や、「木」をモチーフにした個々の作品を紹介します。

野崎×石川 二人展 開催

本日より開催しております!


野崎眞澄 × 石川康彦  二人展
〜 交叉するくわだて 〜



2013年 10月 5日(土)〜 10月 27日(日)

開館時間 10:00 - 18:00 
入館料  無料 
休館日  火・水曜日(祝日開館)

本学デザインコース教授の野崎眞澄とデザイナー石川康彦の2人展。
仕事上の共同作業作品や、「木」をモチーフにした個々の作品を紹介します。


初日午前中はご両人が来館者とお話する姿も。上の写真右側が、
自身がデザインを手掛けたAV機器について説明する石川さん。
下の写真は、山陽日日新聞の取材対応をする野崎さん(左側)。




初日にはこちらのイベントもございます!
◎野崎眞澄・石川康彦によるアーティスト・トーク
  10月5日(土) 14時〜15時